足汗をかきやすい人に効果的!簡単に足の臭いにおいを消す方法!

 

足の臭いというのは普段は気になりませんが、居酒屋の掘りごたつや座敷、家に入る時に臭う場合があります。
その時に誰であっても足が臭いと良い印象を与えないですよね。

 

女性は特にロングブーツやムートンブーツなど足のムレやすい靴を履きますので、
どうにかして足の臭いを抑えたいと思います。

 

では、具体的な足の臭いの原因とその臭いを抑えるための対策法にはどんなものがあるのか?
その辺のことを紹介して行きたいと思います。

 

足の臭いの原因は雑菌?

 

足の臭いの原因は雑菌の繁殖によるものですが、雑菌は足の裏の角質や汗を好み繁殖します。
なので極論を言うと汗をかかず角質を出さずにいれば足の臭いはしなくなります。

 

ですが人間である以上角質はでてしまいますし、汗も体温調節等によってかいてしまいます。
そして前述したように女性が特に足の臭いを気にしてしまいがちですが、
そもそも女性の靴というのは通気性に優れているものが少なく、ムレやすい靴が多いです。

 

そのため女性は特に足の臭いケアをしっかりしていく必要があります。

 

 

足の臭いを抑えるための対策法〜履物編〜

 

通気性の良い靴を選ぶ

汗をかいてしまうのは通気性の悪い靴を選んでいるからなので、
靴を脱ぐシーンがあるとわかっている時は通気性の良い靴を選びましょう。

 

ただし、靴もオシャレの一環なのでどうしてもおしゃれな靴が通気性の良くない靴であった場合は、
定期的に靴を脱いで湿気をとってあげるだけでも臭いは抑えることになります。

 

 

靴下やストッキングにも気を遣う

ムレてしまった靴内で問題のあるアイテムが靴下やストッキングです。
この2つはかいてしまった汗を吸い取り雑菌の格好の繁殖の場を提供してしまいます。

 

なので、可能であれば靴下やストッキングを2〜3着用意しておき、定期的に交換することで臭いを抑えることができます。
加えて今は、防臭効果のある靴下やストッキングも販売していますのでそちらをつかうのもより効果的と言えるでしょう。

 

靴下の素材は綿100%の物を使うと、汗の吸収には優れていますが発散性に欠けてしまうため、
綿素材とシルクやウール等を合わせた混紡製品を使うようにしましょう。

 

 

同じ靴を履かない

足の裏の汗は1日にコップ1杯以上の汗をかいています。
常に同じ靴を履き続けているとその汗が靴の中で充満してしまい、足ではなく靴から足の臭いがしてしまうようになります。
なので靴も2〜3足用意し、ローテーションで履いていき履かない靴は風通しのよう場所で陰干ししましょう。

 

 

脱臭剤や10円玉を入れておく

靴の中の除菌・消臭の効果がある脱臭剤が薬局などでも販売されています。
あるいは昔から言われているのが10円玉を靴の中に入れておくと消臭効果があるという事です。

 

10円玉は銅で出来ていますが、この銅には消臭効果が期待できるため入れておく事で臭いを抑えることができます。
靴の陰干しの際に10円玉や消臭剤を入れておくとより効果的です。

 

 

 

足の臭いを抑えるための対策法〜足編〜

 

足の爪を短く切っておく

足の爪の間には靴下等からでるゴミや自身の垢等がたまりやすいです。
普段から丁寧に洗っているという方もいらっしゃいますが、毎日毎日丁寧に洗ってもすぐに爪の中に入っています。

 

そしてこの爪の中でも雑菌が入り込み繁殖しますので、
足の爪を短く切っておく事で爪の中にゴミや垢を入り込まないようにしましょう。

 

 

角質もきちんと洗い落とす

足の裏をお湯で洗うだけでは角質も洗い落とすことはできません。
角質というのは雑菌にとっては好物で、汗と同様に放置しておくと雑菌を繁殖させてしまいます。

 

なのでボディソープや石鹸を泡立て丁寧にしっかりと洗い落としてあげて下さい。
また、角質ケア用の石鹸も売っていますのでそちらを使うのも効果的です。

 

 

デオドラント剤・クリームを使い、汗をかかないようにする

足汗専用のデオドラント剤やデオドラントクリームが販売されていますが、こちらを使うことで足の汗を抑えることができます。
イソプロピルメチルフェノールと呼ばれる成分は殺菌効果もある成分です。

 

こちらをデオドラント剤に配合しているものもあるので、
汗を抑え、殺菌作用のあるデオドラント製品を選ぶ事で殺菌・消臭も期待できます。

 

 

食べるものにも気をつける

汗がでてくる汗腺とよばれるものは2種類あり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。

 

エクリン汗腺は水分が9割以上に対して、
アポクリン汗腺からでる汗は水分以外にアンモニア、脂質、糖質、タンパク質といった様々な成分も排出されます。

 

この成分は食べたものが大きく関与するところがあり、肉や乳製品を多く摂ると多成分を多く排出してしまいます。
なので肉類や乳製品は極力控えめに摂り、野菜類などを多く摂るようにすると足の臭いも抑えることが出来るようになります。

 

 

まとめ

足の臭いが発生するのはそもそもは自身の足から発生する汗と角質によるものですが、
それを放置しておくと靴下やストッキング、靴からも臭いを放ちます。

 

足と身につけるもの、この2点の対策をしていくといいです。
相手に不快な思いをさせないためにも日頃から足の臭いケアはしっかりしていきましょう。